• スタッフブログ
  • ドクターブログ
  • 10周年記念 グアム研修旅行
  • 八スポ図書館
  • スポーツクリニック
    (メイン・ディビジョン)
    TEL : 042-626-0308
    FAX : 042-626-0313

主な手術

鏡視下腱板修復術

 腱板が上腕骨から剥がれた状態を関節鏡(内視鏡)を用いて修復し、肩関節の除痛・機能回復を目標とします。腱板の断裂の大きさに応じて、アンカーという糸の付属した小さなピンを上腕骨に打ち込み、糸を剥がれた腱板に通して、上腕骨に腱板を固定します。全ての操作を関節鏡で行うことが可能です。入院は1泊で、約4週間の安静が必要です。約3ヵ月で重労働以外は行うことができます。

修復法① 重層固定法               修復法② ブリッジング法

ブリッジング法の実際を下に示します。

上腕骨から剥離した腱板(赤矢印)    アンカーを上腕骨に挿入    腱板にアンカーの糸を通します。

通した糸を外側に持ってきて固定    2つ目の固定を完成      腱板は上腕骨に圧着されました。

Copyright © 2015 HACHIOJI SPORTS MEDICAL ASSOCIATES. All Rights Reserved.