上肢(じょうし)を見る

前十字靭帯損傷

病態

ジャンプの着地でヒザをひねって、「ガクッ」となった。その後、腫れが引いてもグラグラして踏ん張れない。というような一瞬の出来事でスポーツができなくなってしまうことがあります。レントゲンで骨折は無いと言われたけれど、実は前十字靭帯損傷を起こしている可能性があります。MRIでの正確な診断が必要です。これはスポーツのケガの中でも大ケガに入ります。

症状

ケガをした直後は腫れがあって痛みますが、数日すると痛みはなくなります。 けれどジャンプの着地、サイドステップは不安定感やこわさがあって、踏み込めません。無理をしてスポーツ復帰すると、またケガをしたときの「ガクッ」となる膝くずれをおこします。

治療

ご年齢やスポーツレベルにあわせて治療を考えます。ただ関節の中にある前十字靭帯損傷が自然治癒することはほぼありません。スポーツを続けるのであれば、手術が必要となります。

手術

前十字靭帯損傷の手術は、他の部分から腱を採取して膝に移植する再建術が一般的です。当院ではハムストリングまたは膝蓋腱を採取する方法を使い分けています。関節鏡を用いた解剖学的再建術により、スポーツ活動を支える安定感のある膝を目指します。 リハビリテーションも手術と同じくらい大切な治療です。手術後だけでなく手術前のリハビリテーションも重要です。術前に十分な屈伸を獲得し、筋力やバランス感覚を養っておくことは、術後の早期復帰へつながります。術後は術翌日からリハビリテーションが開始されます。腫れの管理、屈伸の練習、筋力トレーニングなど患者様の状態に合わせて進めていきます。また復帰される種目によって、必要となるトレーニングも異なります。スポーツ復帰の時期は患者様おひとりずつ異なります。

Copyright © 2015 HACHIOJI SPORTS MEDICAL ASSOCIATES. All Rights Reserved.