上肢(じょうし)を見る

前方インピンジメント

病態

足関節捻挫のあと、硬さが残ったままスポーツ復帰してしまうと、

症状

踏み込んだ際に足関節前方に「詰まり」を感じたり、地面を蹴った際にひきつれを感じることがあります。骨棘や滑膜の評価にはレントゲンのみならずCT検査、MRI検査が必要になります。

治療

まずはリハビリテーションなど保存治療です。 足関節周囲の筋肉のバランスを戻し、関節の適合性をよくすることで多くの方は改善します。腫れが強い時や熱を持つときは、ヒアルロン酸やステロイドの注射も有効です。

手術

CT検査で骨棘が認められ、疼痛が続く場合は、関節鏡での手術となります。余計な骨を削り、炎症のみられる滑膜を切除します。

Copyright © 2015 HACHIOJI SPORTS MEDICAL ASSOCIATES. All Rights Reserved.