上肢(じょうし)を見る

後方インピンジメント

病態

サッカーやクラシックバレエなど、足関節に負担が強くかかる種目で多く見られます。足関節後方に余計な骨(三角骨)ができたり、滑膜が腫れたりすることがあります。それらが疼痛や可動域制限を引き起こします。近くを長母趾屈筋という足の拇指を動かす腱が通っています。炎症により腱の滑走が邪魔されると、腱鞘炎になり拇指の運動で痛みがでたり、動かしづらくなります。

症状

つま先立ちで足関節後方に「つまり」や痛みが出ます。また拇指を足底(足の裏)へむかって屈曲するのができにくくなります。三角骨や腱の炎症の評価にはCT検査やMRI検査が必要です。

治療

まずはリハビリテーションなど保存治療をおこないます。改善なければ、関節鏡での手術となります。

手術

関節鏡により三角骨の除去や長母趾屈筋腱腱鞘の切開を行います。三角骨がなくても、腱鞘炎がつよく手術になることもあります。

Copyright © 2015 HACHIOJI SPORTS MEDICAL ASSOCIATES. All Rights Reserved.