医療法人社団スポーツメディカム  八王子スポーツ整形外科

外側靭帯損傷

(がいそくじんたいそんしょう)

外側靭帯損傷の病態

スポーツにおいて最も頻度の多い外傷の1つです。誰しも経験があるのではないでしょうか? 頻度が多いがために、「捻挫は怪我ではない」と思われているアスリートや指導者のかたもお見受けいたします。

外側靭帯損傷の症状

くるぶしの周囲が腫れて痛みが生じますが、歩行不能にはなりにくいです。捻挫が繰り返されると、緩みや不安定性だけでなく、慢性的な痛みにつながります。MRI検査やエコー検査が行われます。

外側靭帯損傷の治療

まずはRICEを中心とした保存加療を行います。RICEとは、R:Rest(安静)、I:Icing(冷却)、C:Compression(圧迫)、E:Elevation(挙上)という、怪我に対する初期治療の基本です。腫れが強い時にはギプスなど当て木をすることもあります。

外側靭帯損傷の手術

緩みや不安定性からくる疼痛が続く際は、手術となります。関節鏡を用いた靭帯修復や補強をおこないます。

後方インピンジメンの手術

関節鏡により三角骨の除去や長母趾屈筋腱腱鞘の切開を行います。三角骨がなくても、腱鞘炎がつよく手術になることもあります。

当院について

診療科・部門紹介

最小侵襲手術(MIOS)

初診の方

お問い合わせ

HOME > 最小侵襲手術 > 下肢 > 外側靭帯損傷
  • ドクターブログ
  • スタッフブログ
  • 八スポ図書館
  • 10周年記念 グアム研修旅行
  • トータルサポート
  • ウラ8
  • 第1回 東京国際スポーツメディスンイノベーションフォーラム

© 2018 HACHIOJI SPORTS MEDICAL ASSOCIATES. All Rights Reserved.

pagetop