医療法人社団スポーツメディカム  八王子スポーツ整形外科

主な手術

前十字靱帯再建術

膝屈筋腱による解剖学的ACL二重束再建術(遺残ACL温存)
Anatomical Double-bundle ACL Reconstruction using ST

【手術手順】

[1]遺残ACL(remnant)には、関節固有感覚(位置覚、運動覚)の受容体があるため、ACL再建に支障が無ければ可能な限り温存することが望ましい。通常remnantが残っている場合は、大腿骨側(roof、wall、PCL)にmalattachしていることが多い。


[2]大腿骨側のFootprint(正常ACLが付着する解剖学的位置)を明らかにすることが最も大切で、Ridge(骨隆起線)は重要な指標となる。


[3]ACLは大腿骨側もしくは実質部で断裂することが多く、その場合ほとんどの脛骨側の付着部は正常であるため、脛骨側のremnant中央に切開を加えガイドピンを刺入する。


[4]当院では、ACLの解剖学的な大腿骨付着部に正確・確実に骨孔を作成するため、Outside-In手技で行っている。


[5]remnantをprotectしながら骨孔を作成し、PLB(後外側束)、AMB(前内側束)の順に移植腱を挿入する。


[6]再建靭帯の周りをremnantで包み、Impingementが無いことを確認し、終了。


MRI所見



----- もう少し詳細に知りたい方はこちらへ -----


  • スポーツクリニック
    (メイン・ディビジョン)
    TEL : 042-626-0308
    FAX : 042-626-0313

当院について

当院の治療

診療科・部門紹介

初診の方

お問い合わせ

HOME > 関節鏡手術部門 > 主な手術
  • ドクターブログ
  • スタッフブログ
  • 八スポ図書館
  • 10周年記念 グアム研修旅行
  • トータルサポート
  • ウラ8
  • 第1回 東京国際スポーツメディスンイノベーションフォーラム

© 2018 HACHIOJI SPORTS MEDICAL ASSOCIATES. All Rights Reserved.

pagetop