医療法人社団スポーツメディカム  八王子スポーツ整形外科

主な手術

腱板関節面部分断裂修復術(PASTA法)

腱板の深い部分のみの断裂で、浅い部分の断裂を温存したまま修復する方法です。まず、関節内から見て、傷んだ腱板(写真下左)をクリーニングして傷んだ部分の面積や厚みの評価(写真下右)を行います。腱板が50%以上傷んでいる場合は修復術の適応となります。

次に腱板を通して吸収性のアンカー(糸付きのピン)を上腕骨に打ち込んで、糸が上腕骨から直接生えた様な状態にします。その糸を腱板に通します。腱板を深い側(関節内;写真下左)と浅い側(滑液包面;写真下右)らみて糸がきれいに通っていることを確認します。

仕上げに糸を結び、腱板を深いところでは上腕骨に圧着していること(関節面;写真下左)を、浅いところでは縫合糸がきちんと結ばれていること(滑液包面;写真下右)を確認します。

1時間30分程度の手術で、創は5mm程度のものが4つです。術後3週間三角巾または装具での安静が必要です。
スポーツ復帰は4カ月で果たしました。

  • スポーツクリニック
    (メイン・ディビジョン)
    TEL : 042-626-0308
    FAX : 042-626-0313

当院について

当院の治療

診療科・部門紹介

初診の方

お問い合わせ

HOME > 関節鏡手術部門 > 主な手術
  • ドクターブログ
  • スタッフブログ
  • 八スポ図書館
  • 10周年記念 グアム研修旅行
  • トータルサポート
  • ウラ8
  • 第1回 東京国際スポーツメディスンイノベーションフォーラム

© 2018 HACHIOJI SPORTS MEDICAL ASSOCIATES. All Rights Reserved.

pagetop