医療法人社団スポーツメディカム  八王子スポーツ整形外科

主な手術

内側側副靱帯再建術

肘関節内側側副靱帯を手関節の腱(長掌筋腱)を用いて再建する方法です。緩んだ内側側副靱帯の間(より深部に)腱を移植し、上腕骨側と尺骨側の解剖学的に正確な位置に固定しております(骨釘と直径4mm程度の小さなスクリューを用いて)。2時間程度の手術で、創は肘の内側に7-8cm程度のものが必要です。術後ギプスを4週間巻きます。慎重なプログラムのもと、投球復帰へ向けてリハビリを行います。試合復帰は投手で術後6-9ヵ月、野手や野球以外の競技で6ヵ月を要します。
   
 緩んだ靱帯(緑矢印)      腱移植によって再建された靱帯(青矢印)

  術後X線        術後の創(左肘)
   
術前MRI(傷んだ靱帯;緑矢印) 術後MRI(再建靱帯;青矢印)

  • スポーツクリニック
    (メイン・ディビジョン)
    TEL : 042-626-0308
    FAX : 042-626-0313

当院について

診療科・部門紹介

最小侵襲手術(MIOS)

初診の方

お問い合わせ

HOME > 関節鏡手術部門 > 主な手術
  • ドクターブログ
  • スタッフブログ
  • 八スポ図書館
  • 10周年記念 グアム研修旅行
  • トータルサポート
  • ウラ8
  • 第1回 東京国際スポーツメディスンイノベーションフォーラム

© 2018 HACHIOJI SPORTS MEDICAL ASSOCIATES. All Rights Reserved.

pagetop