医療法人社団スポーツメディカム  八王子スポーツ整形外科

主な手術

骨軟骨柱移植術

離断性骨軟骨炎の分離後期以降で、病変が大きく(1cm以上)、病変の近くの成長線(骨端線)閉鎖が近づいていても治癒していない症例に適応があります。病変(上腕骨小頭)の不安定な軟骨を確認後、摘出します。 その病変の大きさに応じて膝から採取した骨軟骨柱を移植して、関節面を形成します。 膝の摘出部は体重の直接かからない場所に限定し、また線維軟骨が再生するので、走力に問題を生じることはまずありません。 手術時間は1-1.5時間で、全身麻酔で行います。手術当日に入院し、翌日に松葉杖をついて退院します。 術後7-10日で松葉杖は不要になります。肘は固定しませんので、デスクワーク程度は可能です。 術後4ヵ月からスローイング開始し、6ヵ月で強い投球が可能になります。
左;不安定な軟骨片を摘出、右;骨欠損部
左;骨軟骨柱を移植後 右;骨軟骨柱
  • スポーツクリニック
    (メイン・ディビジョン)
    TEL : 042-626-0308
    FAX : 042-626-0313

当院について

当院の治療

診療科・部門紹介

初診の方

お問い合わせ

HOME > 関節鏡手術部門 > 主な手術
  • ドクターブログ
  • スタッフブログ
  • 八スポ図書館
  • 10周年記念 グアム研修旅行
  • トータルサポート
  • ウラ8
  • 第1回 東京国際スポーツメディスンイノベーションフォーラム

© 2018 HACHIOJI SPORTS MEDICAL ASSOCIATES. All Rights Reserved.

pagetop