医療法人社団スポーツメディカム  八王子スポーツ整形外科

八スポ図書館

スポーツ医学検定

スポーツ医学検定
「スポーツのケガを減らし、笑顔を増やす」スポーツ選手、スポーツ指導者、選手の保護者、メディカル関係者など、スポーツに関わるすべての人にお届けする「スポーツ医学」の入門書。ケガを減らし、競技力向上に必須な身体やケガの知識を習得できる。 「スポーツ医学検定」2級・3級に対応した公式テキストであるとともに、今回検定を受けられないスポーツ関係者も手元に持っておきたい1冊。

スポーツ整形外科マニュアル

スポーツ整形外科マニュアル
日常診療でよく遭遇するスポーツ障害や病態の基礎知識、身体所見や徒手検査、画像診断のポイント、治療方針を決定するうえで考慮すべきノウハウやピットフォール、術後リハビリテーションや保存療法における復帰まで、プロトコール等を具体的かつ簡潔に解説しました。スポーツ障害を診るうえで知っておくべきコアな知識を厳選して収載しているので、医師だけでなく理学療法士や看護師など、整形外科スタッフなら1冊はもっているべき必携の書籍です。

野球 肩・ひじ・腰の鍛え方・治し方

野球 肩・ひじ・腰の鍛え方・治し方
野球選手はなぜ、肩・ひじ・腰が痛くなるのか。どうすれば、それをしっかり治せるかをテーマにした一冊。野球における動作の特徴は、「投げる」ことと「打つ」こと。これらの動作で痛みを作らないポイントは、正しいフォームを身につけ、ストレッチと筋力トレーニングを行なうこと。本書では、この3点を写真とイラストを使い医学的根拠に基づいてくわしく解説。痛みの予防と症状の改善に必ず役に立つ野球関係者待望の一冊。

一生痛まない強い腰をつくる

一生痛まない強い腰をつくる
日本トップのスポーツドクターが、腰痛の真の根本原因を初めて語った一冊。じつは腰痛とは、医師でさえ体系化が難しいほど複雑な症状。本書の著者は、一般の患者さんからトップアスリートまで、幅広い人間の腰痛を見てきたことから、だれにでも共通する腰痛のメカニズムをまとめました。自分の慢性的な痛みがどこからきているのか、その痛みを和らげるためにはどうすればいいのか、をご紹介しています。

腰痛完治の最短プロセス

腰痛完治の最短プロセス
ずっと痛いのに……診断は「異常なし」。2380万人の「原因不明の腰痛」を治すための自己診断でもわかる本当の原因と正しい治療法国内だけで2800万人いると言われている腰痛患者。その85%が「非特異的腰痛」で原因がはっきりしないものであり、とりあえず痛み止めが処方される対症療法が蔓延。俗に「腰痛難民」と言われる完治を求めて病院や治療院を渡り歩く患者も少なくありません。 女子ハンマー投げアテネオリンピック日本代表・室伏由佳氏もそのひとりで、競技を続けながら20年間原因不明の腰痛に苦しんでいました。ところが、徳島大学運動機能外科学(整形外科)教授・西良浩一氏の診察で原因が特定されたことで、患部への適切な治療により痛みが消失。本書は両氏による、腰痛の原因を特定する=腰痛を完治させる最短のプロセスを紹介しています。まず、西良氏の診察を簡略化したフローチャートにより、慢性腰痛を7つの本当の原因=病気に導きます。導かれた病気は個別に実際の診断画像とともに症例、治療法、予防・再発防止法を解説。そして、最終的に正しい診断をつけてもらうための「腰痛専門医」のリスト、完治後の再発を防止するための室伏氏が実演する「エクササイズ」も掲載しています。室伏氏のほか、プロゴルファー・奥田靖己氏、プロ野球選手・高橋由伸氏、ハンドボール・宮崎大輔氏、総合格闘家・山本“KID"徳郁氏ら有名アスリートの複雑な腰痛も原因を特定して治してきた、腰痛のスペシャリストのセオリーを初公開!

長引く痛みの原因は、血管が9割

長引く痛みの原因は、血管が9割
ひざ痛や肩こり、腰痛、ひじ痛、首痛、股関節痛……。
そんな長引く痛みを抱えている人に朗報です!
病院に行っても、「レントゲンでは異常はありません」
「軟骨がすり減って痛いのです」
「血行が悪いですね」
などと片づけられてしまいがちな痛みの原因は、モヤモヤ血管にあったのです!  痛み治療を専門とする医師の著者が、最新の痛みの研究をわかりやすく解説し、自分でできるセルフケア法を伝授します。

スポーツ選手のための食事 400レシピ

スポーツ選手のための食事 400レシピ
スポーツ選手が強い体をつくり試合に勝つための、食事の知識とレシピを紹介。掲載レシピは類書最大級の400レシピを確保。どんな世代のスポーツ選手にも対応。またトレーニングやスケジュールに合わせたレシピが選べるつくり。食事の知識もしっかり掲載。

身体を引き締める食べ方1:1:2

身体を引き締める食べ方1:1:2
炭水化物1:タンパク質1:野菜・海藻2で、体調は簡単に整えられる。主食、主菜、副菜類を1:1:2の比重バランスで食べる。たったこれだけのことで、減量に苦労していた選手は理想的な体重になり、日々の体調が驚くほど改善されていく。

当院について

診療科・部門紹介

最小侵襲手術(MIOS)

初診の方

お問い合わせ

HOME > 八スポ図書館
  • ドクターブログ
  • スタッフブログ
  • 八スポ図書館
  • 10周年記念 グアム研修旅行
  • トータルサポート
  • ウラ8
  • 第1回 東京国際スポーツメディスンイノベーションフォーラム

© 2018 HACHIOJI SPORTS MEDICAL ASSOCIATES. All Rights Reserved.

pagetop