医療法人社団スポーツメディカム  八王子スポーツ整形外科

主な疾患

肘関節内遊離体

成長期の肘関節障害とくに離断性骨軟骨炎などが原因となって、剥離した軟骨片が肘関節内で動くことによって関節内に挟まったり(ロッキング)すると肘の強い疼痛を訴えます。軟骨片は自然と消失することはなく、時間の経過とともに大きくなるので、ある程度の大きさがあり、複数の遊離体があれば関節鏡視下に摘出することが望ましいです。また、スポーツを辞めてからも遊離体は徐々に大きくなるので、学生時代に野球などをしていた方が社会人になって肘痛を自覚し、来院されることもしばしばあります。
  • スタッフブログ
  • ドクターブログ
  • 10周年記念 グアム研修旅行
  • 八スポ図書館
  • スポーツクリニック部門
    スポーツクリニック
    (メイン・ディビジョン)
    TEL : 042-626-0308
    FAX : 042-626-0313

当院について

当院の治療

診療科・部門紹介

初診の方

お問い合わせ

HOME > スポーツクリニック部門 > 主な疾患
  • ドクターブログ
  • スタッフブログ
  • 八スポ図書館
  • 10周年記念 グアム研修旅行
  • トータルサポート
  • ウラ8
  • 第1回 東京国際スポーツメディスンイノベーションフォーラム

© 2018 HACHIOJI SPORTS MEDICAL ASSOCIATES. All Rights Reserved.

pagetop