医療法人社団スポーツメディカム  八王子スポーツ整形外科

主な疾患

腱板疎部損傷

腱板疎部とは肩の前方にある烏口上腕靱帯や上関節上腕靱帯などから構成される空間で、ほかの部位と異なり腱板が存在しません。これらの部位を傷めてしまうと、腱板の訓練などでコントロールできないことから、投球などのスポーツ時に肩関節の安定性を保てなくなったり、疼痛の原因になり得ます。肩甲骨の動きを改善したり、後方の関節包のストレッチを行い、前後の緩みのバランスをとることで症状は改善します。保存的治療を十分に行っても肩関節機能の改善の得られない場合は、腱板疎部縫縮術を行います。
  • スタッフブログ
  • ドクターブログ
  • 10周年記念 グアム研修旅行
  • 八スポ図書館
  • スポーツクリニック部門
    スポーツクリニック
    (メイン・ディビジョン)
    TEL : 042-626-0308
    FAX : 042-626-0313

当院について

当院の治療

診療科・部門紹介

初診の方

お問い合わせ

HOME > スポーツクリニック部門 > 主な疾患
  • ドクターブログ
  • スタッフブログ
  • 八スポ図書館
  • 10周年記念 グアム研修旅行
  • トータルサポート
  • ウラ8
  • 第1回 東京国際スポーツメディスンイノベーションフォーラム

© 2018 HACHIOJI SPORTS MEDICAL ASSOCIATES. All Rights Reserved.

pagetop