医療法人社団スポーツメディカム  八王子スポーツ整形外科

APS治療

これまでの変形性膝関節症の治療

変形性膝関節症には、軽度ならばリハビリテーションや薬物療法(痛み止めの内服、湿布薬)による保存療法から治療を開始します。そして変形が進行すると、関節内へのヒアルロン酸注射がよく行われます。さらに重度になった場合、人工関節など手術療法がよくおこなわれています。

APS治療

「ヒアルロン酸注射では効果が不十分だけれども、手術をうけるには抵抗がある。」という方は数多くいらっしゃいます。そのような方々に、ご提案する新しい治療がバイオセラピー(再生医療)です。バイオセラピーとは、ご自身の血液などを利用する新しい治療法です。PRPやAPSがバイオセラピーの代表的なものです。

APS治療

APS=次世代のPRP治療

APSとは自己タンパク質溶液(Autologous Protein Solution)のことで、患者さんご自身の血液から炎症を抑える良いタンパク質を高濃度に抽出したものです。APSはPRP(多血小板血漿)から精製されるため、次世代のPRPとも呼ばれています。
PRP治療については、こちらをごらんください。 APSはPRP治療と同様に、ご自身の血液から作成されます。炎症を抑制する成分を豊富に含んだAPSを関節内に注入し、膝や足の変形性関節症による痛みを抑えることを期待するものです。PRPが組織修復を目的とすることに比較して、APSは関節症治療に適しています。

膝関節の痛みと炎症

変形性膝関節症の関節内では、軟骨の破壊成分を作り出す炎症性サイトカイン(IL-1, TNFα)という悪いタンパク質の活動が活発です。これらが軟骨の破壊成分(MMP)を産生し、炎症を悪化させ関節の痛みを増加させます。これを放置すると軟骨の破壊が進み、最終的に膝関節の機能が低下します。

変形性膝関節症

APSにより期待される効果

しかし我々の体の中には、炎症を抑えるサイトカイン(IL-1ra, sIL-1R, sTNF-RⅠ, sTNF-RⅡ)という良いタンパク質存在しています。この良いタンパク質は悪いタンパク質の働きをブロックし、軟骨破壊に進もうとしている関節内のバランス改善に関係します。 APS療法は、悪いタンパク質が過剰に存在する膝関節内に、良いタンパク質が豊富なAPSを注射し、炎症バランスを整えることで軟骨破壊を抑えようという治療でバイオセラピーとも呼ばれます。

APSにより期待される効果

欧州では治療法として承認されていて、米国では臨床試験が進んでいる段階です。ご自身の血液を使用するため、安全性も高く、日帰りで治療可能な、体にご負担の少ない治療法です。
比較的新しい治療選択肢ですが、数年前より欧州ではすでに変形性膝関節症治療に使用されており、米国でも大規模臨床試験が進行しています。
使用する医療機器は国内で初めて厚生労働省より治療での使用認可を取得したものです。
WADA(国際アンチドーピング機構)ではドーピング対象外として扱われていますので、アスリートも安心して治療を受けることができます。

APSに含まれる成長因子

APS作成により、血液中の抗炎症性サイトカインが約3〜4倍多く含まれるまで濃縮されます。 IL-1ra, sIL-1R, sTNF-R1&2などは抗炎症性サイトカインと呼ばれ、炎症性サイトカイン(IL-1、TNF-α)を抑える役割があります。

Platelet-Rich Plasma

APS治療の流れ

本治療は次の4つのステップで進められます。

1
採血

採血

採血治療当日来院されましたら、55mL採血をします。

2
PRP作成

PRP作成

採血したあなたの血液を専用のシリンジに移し、遠心分離(とても速い速度で回すこと)をおこない、あなた専用のPRPをつくります。待合室でお待ちいただいている間に作ります(約30分)。

3
APS作成

APS作成

PRP作成さらに新たなキットで加工して、APSを作成します。引き続き、待合室でお待ち下さい。(約10分)

4
注射

注射

痛みのある関節に、APSを注射します。治療後、ご帰宅となります。

APS治療の効果

注射後、1〜4週で組織修復が開始し、2週〜3ヵ月で効果が期待できます。 効果が注射後12か月まで持続しているという報告もあります。

APS治療の効果

APS治療の欠点・副作用

  • あなた自身の血液からつくられるため、その時の体調や年齢に左右され、場合によっては効果が出にくくなることがあります(治療の効果は人によって異なってしまいます)。
  • 治療の時には注射を使うため、痛みがあります。
  • 治療から数日間は、治療した場所に腫れや痛みが出たり、熱く感じたりすることがあります。
  • 治療した場所によっては、腫れが1週間程度続くことがあります。
  • 採血した場所や治療した場所に皮下出血(アザ)ができることがあります。

費用

健康保険適応外のため、1回350,000円となります。
(2019年4月現在、導入価格280,000円とさせていただいております。)

よくあるご質問

Q. バイオセラピーとは何ですか?

A. ご自身の脂肪や血液成分などを利用する新しい治療法です。再生医療法に基づいた所定の手続きのうえ、当院ではAPS療法を提供しています。
Q. バイオセラピーやAPS療法で変形性膝関節症は治りますか?

A. APS療法は関節の痛みや炎症を改善することを目的とした治療です。炎症を抑えることで、関節内の軟骨破壊や環境の悪化を防ぐことが期待されます。
Q. 膝を切開することになりますか?

A. 膝の切開は必要ありません。本治療はご自身の血液から抽出したAPSを膝関節に注入しますので、切開は不要です。入院も不要で、日帰りで受けられます。患者さんのご負担は、採血ならびに注射(ヒアルロン酸注射をうけるときと同様)だけです。
Q. 効果はどれくらいで現れますか?

A. 個人差がありますが、注入後1週間程度で効果を実感される方もいらっしゃいます。
Q. APS療法による痛みの改善効果はどのくらい続きますか?

A. 海外の治療報告によればAPSを1回注入後、約24ヶ月続いていると報告されています。
Q. 治療後は通常通りに活動してよいのでしょうか?

A. 日常生活は通常通りに送ってください。運動は治療後14日程度お控えください。運動再開は、主治医とご相談いただければと思います。
Q. APS療法は安全ですか?

A. APS療法はご自身の血液を利用しているため安全性も高く、日帰りで受けられる体への負担が少ない治療法です。
Q. 高齢ですが、治療を受けることができますか?

A. 体に負担の少ない治療なので、高齢でも治療を受けることができます。ただし、膝関節の変形が強い重度ですと手術のほうが良い場合もあるので、主治医とご相談ください。
Q. なぜ自由診療なのですか?

A. APS療法は現在、米国で変形性膝関節症の患者さんを対象として、有効性を確認する大規模調査(治験)が始まっています。安全性は確立された治療法ですが、有効性はまだ検証段階のため健康保険が使えず自由診療(自費診療)となります。しかしながらいま現在、辛い痛みを抱えて、なんとかしたいと考えている患者さんに治療選択肢をご提供するべく、当院ではこの治療をおこなっております。

痛みに対する最新治療

再生医療

  • スポーツクリニック(メイン・ディビジョン)
    スポーツクリニック
    (メイン・ディビジョン)
    TEL : 042-626-0308
    FAX : 042-626-0313
  • メディカルフィットネス
    メディカルフィットネス
    (エクストラ・ディビジョン)
    TEL : 042-625-5733
    FAX : 042-628-9307

当院について

当院の治療

診療科・部門紹介

初診の方

お問い合わせ

HOME > 当院の治療 > 最先端治療 > APS治療
  • ドクターブログ
  • スタッフブログ
  • 八スポ図書館
  • 10周年記念 グアム研修旅行
  • トータルサポート
  • ウラ8
  • 
15周年記念ハワイ研修旅行
  • 八王子スポーツ整形外科 インスタグラム
  • 第1回 東京国際スポーツメディスンイノベーションフォーラム
  • 東京国際スポーツメディスンイノベーションフォーラム インスタグラム
  • スポーツ医学コミュニティー

© 2018 HACHIOJI SPORTS MEDICAL ASSOCIATES. All Rights Reserved.

pagetop