医療法人社団スポーツメディカム  八王子スポーツ整形外科

肘離断性骨軟骨炎

(ひじりだんせいこつなんこつえん)

肘離断性骨軟骨炎の症状

  • 投げた時や投げ終わった後、倒立運動などのスポーツ動作で肘の外側が痛い
  • 肘の曲げ伸ばしで肘の外側が痛い
  • 肘が痛くない方と比べて曲がらない・伸びない
肘離断性骨軟骨炎

肘離断性骨軟骨炎の病態

肘離断性骨軟骨炎は、10歳前後~14歳くらいで起こります。この時期は、関節の表面にある軟骨がとても弱い時期です。そのため投げる時などにフォームが悪く、肘の外側に負担がかかり続けると軟骨が傷んでしまいます。このケガを肘離断性骨軟骨炎と言います。 また、無症状である場合もあるのが特徴です。

肘離断性骨軟骨炎の治療

初期の場合は、自然回復が見込めるため投球を禁止します。投球以外では、腕立て伏せや跳び箱、逆立ちなど肘に負担がかかることも同時に禁止します。リハビリテーションでは、投球禁止中に肩関節や肩甲骨の柔軟性改善や肩甲骨の周囲の筋力強化を行います。医師から投球が許可された場合、フォームの修正を行い段階的に復帰していきます。しかし、骨の成長が止まり、進行期や治癒の見込みがなくなった場合に手術適応となることがあります。手術は、膝から軟骨を採取し肘の傷んだ部分に移植する手術(骨軟骨移植術・モザイク形成術)を行います。約6カ月でスポーツ復帰となります。


手術治療(骨軟骨柱移植術)について

  • スポーツクリニック
    スポーツクリニック
    (メイン・ディビジョン)
    TEL : 042-626-0308
    FAX : 042-626-0313
  • メディカルフィットネス
    メディカルフィットネス
    (エクストラ・ディビジョン)
    TEL : 042-625-5733
    FAX : 042-628-9307

当院について

当院の治療

診療科・部門紹介

初診の方

お問い合わせ

HOME > 当院の治療 >最小侵襲手術(MIOS) > 上肢 > 肘離断性骨軟骨炎
  • ドクターブログ
  • スタッフブログ
  • 八スポ図書館
  • 10周年記念 グアム研修旅行
  • トータルサポート
  • ウラ8
  • 
15周年記念ハワイ研修旅行
  • 八王子スポーツ整形外科 インスタグラム
  • 第1回 東京国際スポーツメディスンイノベーションフォーラム
  • 東京国際スポーツメディスンイノベーションフォーラム インスタグラム
  • スポーツ医学コミュニティー

© 2018 HACHIOJI SPORTS MEDICAL ASSOCIATES. All Rights Reserved.

pagetop