医療法人社団スポーツメディカム  八王子スポーツ整形外科

肘内側側副靱帯損傷

(ひじないそくそくふくじんたいそんしょう)

肘内側側副靱帯損傷の症状

  • 肘を伸ばす時に痛い
  • 肘の内側を押すと痛い
  • 投げる時に肘の内側が痛い
  • 肘に不安定感がある
肘離断性骨軟骨炎

肘内側側副靱帯損傷の病態

内側側副靭帯(ないそくそくふくじんたい)は、肘の内側に付いている靭帯のことを言います。内側側副靭帯は肘を補強し、動きすぎない様に動きを制限する役割を持っています。
投球時などによく見られる、肘から先が外へ引っ張られる様な動作(肘の内側が伸ばされるような動き)が繰り返し起こった時に、内側側副靭帯は損傷を起こしやすいです。中学生までは、成長期なため骨の強度が低く、内側側副靭帯が付く部分の骨が剥がれてしまうことがあります。

肘内側側副靭帯損傷

肘内側側副靱帯損傷の治療

リハビリテーションでは、肘をはじめとした肩や肩甲骨などの柔軟性改善を行います。内側側副靭帯損傷を起こしてしまうと肘が不安定になるため、肘周囲の筋力強化を行い肘の安定性を高めます。その後、肘への負担を考慮したフォーム指導を行っていきます。リハビリテーションで症状が改善しない頑固な痛みに対しては手術(靭帯再建術・Tommy John手術)が行われます。手術後は、3~4週間固定後、2カ月前後で日常生活での不便さが少なくなり、4カ月から徐々に投球練習を行い始め、スポーツ復帰は10~12カ月かかります。


手術治療(内側側副靱帯再建術)について

  • スポーツクリニック
    スポーツクリニック
    (メイン・ディビジョン)
    TEL : 042-626-0308
    FAX : 042-626-0313
  • メディカルフィットネス
    メディカルフィットネス
    (エクストラ・ディビジョン)
    TEL : 042-625-5733
    FAX : 042-628-9307

当院について

当院の治療

診療科・部門紹介

初診の方

お問い合わせ

HOME > 当院の治療 >最小侵襲手術(MIOS) > 上肢 > 肘内側側副靱帯損傷
  • ドクターブログ
  • スタッフブログ
  • 八スポ図書館
  • 10周年記念 グアム研修旅行
  • トータルサポート
  • ウラ8
  • 
15周年記念ハワイ研修旅行
  • 八王子スポーツ整形外科 インスタグラム
  • 第1回 東京国際スポーツメディスンイノベーションフォーラム
  • 東京国際スポーツメディスンイノベーションフォーラム インスタグラム
  • スポーツ医学コミュニティー

© 2018 HACHIOJI SPORTS MEDICAL ASSOCIATES. All Rights Reserved.

pagetop