医療法人社団スポーツメディカム  八王子スポーツ整形外科

骨軟骨損傷

(こつなんこつそんしょう)

骨軟骨損傷の症状

  • 激しいスポーツ動作により膝に対して繰り返し負担がかかることで生じる
  • 関節に水が溜まるようになり,ジャンプの着地や踏み込み動作で痛みが生じる
  • 関節の中で物が挟まり,曲げ伸ばしができなくなる

骨軟骨損傷の病態

軟骨は骨の表面を覆う組織であり,膝に加わる衝撃の緩衝材としての役割や関節のスムースな動きを助けています.膝の軟骨損傷はお皿(膝蓋骨)と太もも(大腿骨)の間の関節(膝蓋大腿関節)または大腿骨とすね(脛骨)の間の関節(大腿脛骨関節)で生じます.過去に膝の靱帯や半月板などを怪我してそのまま放置してプレーを繰り返すことにより,膝が不安定な状態のまま酷使されるため次第に膝の軟骨が痛んできます.傷ついた軟骨が剥がれてしまうと剥がれた軟骨の欠片が関節の中で挟まってしまい膝が動かなくなるという状態になります.軟骨も前十字靭帯や半月板と同様に自然治癒の可能性はほとんどありません.軟骨が痛んでいる状態を放置すると次第に進行していき将来的に変形性関節症となります

半月板損傷の病態

骨軟骨損傷の治療

1.保存治療(リハビリテーション)
軟骨は自然治癒する可能性はほとんありませんが,症状が出ない範囲に活動性を下げる(正座をしないように洋式の生活にする,痛みの生じるスポーツ活動を避ける)ことができれば,手術治療をせずに保存的治療で様子を見ることができます.また,リハビリテーションでは,軟骨への負担を減らすために,太ももの前側についている筋肉(大腿四頭筋)の柔軟性を高め,体の使い方の改善を図ります.他の保存治療として,薬,注射,装具などの治療を行います。

2.手術治療
軟骨損傷の範囲や程度が大きい場合は手術治療を行います.手術治療は痛んだ軟骨部分の再生を目的として骨に穴を開けて出血させる手術(マイクロフラクチャー法)や膝の別の部分から軟骨を骨ごとくり抜いて移植する手術(骨軟骨柱移植術)が行われる場合があります.痛んだ軟骨が剥がれて,関節の中に浮遊している場合も手術治療を行い,関節鏡視下にて軟骨の欠片を取り除きます。

3.再生治療
当院では,最新の再生治療(自己タンパク質溶液;Autologous protein solution(APS))を行なっております(詳細は再生治療のページを参照ください)。

  • スポーツクリニック
    スポーツクリニック
    (メイン・ディビジョン)
    TEL : 042-626-0308
    FAX : 042-626-0313
  • メディカルフィットネス
    メディカルフィットネス
    (エクストラ・ディビジョン)
    TEL : 042-625-5733
    FAX : 042-628-9307

当院について

当院の治療

診療科・部門紹介

初診の方

お問い合わせ

HOME > 当院の治療 >最小侵襲手術(MIOS) > 下肢 > 骨軟骨損傷
  • ドクターブログ
  • スタッフブログ
  • 八スポ図書館
  • 10周年記念 グアム研修旅行
  • トータルサポート
  • ウラ8
  • 
15周年記念ハワイ研修旅行
  • 八王子スポーツ整形外科 インスタグラム
  • 第1回 東京国際スポーツメディスンイノベーションフォーラム
  • 東京国際スポーツメディスンイノベーションフォーラム インスタグラム
  • スポーツ医学コミュニティー

© 2018 HACHIOJI SPORTS MEDICAL ASSOCIATES. All Rights Reserved.

pagetop