医療法人社団スポーツメディカム  八王子スポーツ整形外科

足関節後方インピンジメント

(あしかんせつこうほうインピンジメント)

後方インピンジメンの症状

  • 足首後方に痛みがある
  • 運動後に足首後方が腫れる
  • 外くるぶしとアキレス腱の間を押すと痛い
  • 足の親指を曲げ伸ばしすると痛い
  • バレリーナやサッカー選手に多い
後方インピンジメン

後方インピンジメンの病態

足首を何度も過度に曲げることで後方の靭帯が伸ばされ、骨が引っ張られることにより骨のとげが形成されます。その後、足首を何度も伸ばすこと(キック動作、ポワント動作、ジャンプ動作、ダッシュ動作など)で衝撃が加わり、骨のとげが折れ(遊離体)、そのとげが踵とすねの骨により圧縮され痛みが生じます。もともと成長過程で骨が癒合せず遊離した骨(三角骨)が存在することもあり、すねの骨と遊離体や三角骨に靭帯や軟部組織が圧縮され痛みが生じている場合もあります。また、とげが周りの軟部組織や親指を曲げる筋肉の腱を刺激し炎症を引き起こすことがあります。

後方インピンジメン

後方インピンジメンの治療

理学療法士による評価を基に、まずは足首を伸ばした際に、痛みがなく動かせるよう足首の柔軟性の改善と筋力を強化します。その後痛みのある動作などの問題点を解決してスポーツ復帰と再発予防に向けたリハビリを進めていきます。その過程で必要に応じてテーピングやインソール(靴の中敷)を利用します。痛みが強い場合は、医師の判断により、注射や消炎鎮痛剤の服用を行うこともあります。改善されない場合は手術となることもあります。
当院での手術治療は足関節鏡視下で三角骨・遊離体の除去や、炎症を起こした軟部組織を切除して腱の動きをスムーズにします。当院では日帰りで行われます。術後4週でジョギング開始、6~8週でスポーツ復帰を目安としています。


手術治療(鏡視下三角骨除去術)について

  • スポーツクリニック
    スポーツクリニック
    (メイン・ディビジョン)
    TEL : 042-626-0308
    FAX : 042-626-0313
  • メディカルフィットネス
    メディカルフィットネス
    (エクストラ・ディビジョン)
    TEL : 042-625-5733
    FAX : 042-628-9307

当院について

当院の治療

診療科・部門紹介

初診の方

お問い合わせ

HOME > 当院の治療 >最小侵襲手術(MIOS) > 下肢 > 足関節後方インピンジメント
  • ドクターブログ
  • スタッフブログ
  • 八スポ図書館
  • 10周年記念 グアム研修旅行
  • トータルサポート
  • ウラ8
  • 
15周年記念ハワイ研修旅行
  • 八王子スポーツ整形外科 インスタグラム
  • 第1回 東京国際スポーツメディスンイノベーションフォーラム
  • 東京国際スポーツメディスンイノベーションフォーラム インスタグラム
  • スポーツ医学コミュニティー

© 2018 HACHIOJI SPORTS MEDICAL ASSOCIATES. All Rights Reserved.

pagetop